<< カーブアイロン定規 | main | スタンドカラーのシャツ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | | top |
三つ巻押え
以前から三つ巻押えを持っていたけど、使ったことありませんでした。
今、シャツを作ってるのでちょっと使ってみようと思って、初挑戦してみました。

使い勝手は...
うーん、微妙ー。

直線は確かに縫いやすい!
ハンカチみたいなのだったら、アイロンでいちいち縫い代折らなくてもきれいに縫えると思います。
けど、シャツテール(前後は長くて、サイドに近づくにしたがって短くカーブしてる裾)を縫うとき(特にサイドの角度が変わるところ)は難しい!

それから、縫い終わるときに縫い始めに3cmくらい重ねて縫うと思いますが、それができない。
文章で書くの難しいんですが、押えが生地をくるっと丸くして送ってくれるようになってるんだけど、そこに入っていく生地は浮いてないとダメなので縫い始めに重ねて縫うことはできません。

最後のほうで押えを普通のに変えれば済むんでしょうが...
うーん、これは工場ではどうやってるんだろう。
いちいち押え変えてるわけないだろうし、三つ巻押えは使わないんだろうか...
| sewing / tools | comments(0) | trackbacks(0) | | top |
スポンサーサイト
| - | - | - | | top |
COMMENTS
Post Your Comment
TrackBack URL for this entry:
TRACKBACK
Currently Reading...

関連URLは飛行機をclick!