<< 近況 | main | さよならハードドライヴ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | | top |
アパレル業界でIllustratorを使う
んー、今日の記事はカテゴリが難しい。
とりあえずschoolに入れといた。

職場でIllustratorを使って、テクニカルドローイングを描くことが多いんだけど、日本のアパレル業界に勤めている人も同じようなことするのかな。

Illustratorの本を1冊持っているけど、イラストとかロゴの描き方のことはたくさん載っているのに、私が知りたいことはいまいちわかりにくい。
ネットで同じような職業についている人がいたら、情報交換できるかな?なんて思ったけど、どうやって探せばいいのかわからない。

だいたいテクニカルドローイングっていう英語は知ってるけど、日本語でなんて言うのかわからないし。


各ブランドでデザイナーがデザインしたら、そのデザインを製品化する(製品化と言うか、サンプルをまず作る)ためにスペックが必要なんですが(各位置のメジャーメントや縫製方法、それからイラスト←これがテクニカルドローイング)そういうの作ってるんです。

日本はサンプルメーカーやパタンナーの仕事がまだたくさんあるのかもしれませんが、アメリカでは多くの会社がアウトソースしていて、型紙もサンプルもアジア(主に中国ですが)で作られます。マスマーケットの企業は特に。

デザインとスペックはアメリカ国内で作られていて、そういう仕事をするために、私は学校に通ってるわけなんです。
私はデザインはあんまり得意ではないのでデザインを元に製品化する作業をする仕事(エンジニアと呼ばれてます)に就きたいなーと思っています。

なんか自己紹介みたいになってきた(苦笑)。

んと、話を元に戻すと、日本も同じような仕事があるのかなーと思ったのと、同じような仕事があるんならそういう仕事してる人たちと話してみたいなーと思ったのです。
| school | comments(2) | trackbacks(0) | | top |
スポンサーサイト
| - | - | - | | top |
COMMENTS
>>kubotanさん
はじめまして。
コメントが途中で切れてますー(涙)。
| 裕 | 2005/08/01 6:53 AM |

はじめまして。イタ
| kubotan | 2005/07/31 6:50 PM |

Post Your Comment
TrackBack URL for this entry:
TRACKBACK
Currently Reading...

関連URLは飛行機をclick!