スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | | top |
アメリカの保険システム
たまたま友達と保険のことに関して話していたら、この記事を見たので、少し考えてみました。

ほんとにアメリカの保険システムというものは、なんとかならないものなのか...と常々思います。
結構な額を払っているにも関わらず、あんまり使い物にならない。
と言うか、使えないようにできていると言うか。

ちょっとした病気の場合は、あんまり意味がなくて、何か大きな病気にかかったときのために保険をかけておこうと思っていたのですが、暗いニュースリンクによると、大きな病気にかかった人で保険に加入している人のほうが、加入していない人よりも多額の医療費を払って、しかもそれが払えなくて自己破産している人が多いらしく、すごくショックを感じました。

そしたら、私はなんのために保険代を払っているんだろう。

日本は国民保険があっていいなぁ!と思うけれど、日本の保険額も年々上がるし、負担額だって割合が上がっているんですよね?
私は日本で暮らさなくなって、しばらく経つので、よくわからないんですが、日本の国民保険システムはそれでもすばらしいと思います。
アメリカで国民保険システムができるとかできないとか、いろいろ話は上がってるようですが、ほんとになんとかならないもんかなぁ...と願います。

保険に入ってなければ(私の知り合いの人が以前入院して、大変だったんです。参照リンク)ものすごい額を払わなければいけなくて、絶対に保険には入っておかなければ!と思っていたけど、保険に入っているからと言って、安心できないんですね(涙)。
| thoughts | comments(7) | trackbacks(1) | | top |
文句言い
わりと文句言いな私。

でも、ちょっと考えてみた。
文句を言ったからといって、状況が良くなるわけでもない。
文句を言い終わると、なんだか惨めな気分になる。

文句言うなら、直接相手に言えばいい!と思うけど、絶対にそれはできない。←長年、自分と付き合ってるので、このあたりは理解してるつもり

ならば、文句を言わないようにすればよい。

できるかできないかは別にして。
でも、努力してみる価値はあるかもしれない。

かなりの割合で、現代病の原因はストレスから来るそうだ。

ストレスがたまらないように、なんとかならないもんか。

しかし、よく考えてみると、私の文句の大半は本当にしょうもないことについて、グジグジ言うことばかり。
そういうところがいけない。

毎日楽しく暮らしていけますように。
人に頼るばかりでなく、自分でなんとかするようにもっていくこと大事だよね。
| thoughts | comments(5) | trackbacks(0) | | top |
エシカル(倫理的?)ファッション
学校でたまに話題になる、環境のこと。

「毛皮反対」とか「シルクを作るのに、蚕の幼虫を殺すの反対」とか、そういうムーヴメントがあるんだけど、どうなんだろ。

これはファッション業界でも賛否両論で、どれが正しいとか決めるのはかなり難しいと思う。


毛皮を使用するために、動物が殺されるのはかわいそうだ...と考えるのはわかる。
「毛皮反対運動」のために裸でデモしたりするの、たまに見かけますよね?

そしたら、革製品はどうなんだろう。
革製品反対運動って、あんまり見かけないような気がする。
皮革使うのも、動物殺さなくちゃダメだよなー...

合成皮革という代用品もあるが、これは化学繊維で、こういうものを作るためにはかなり化学薬品が使われているはずだし、化学薬品は必ずしも環境によいとは言えない。
しかも、ゴミになったとして、そのゴミは化学製品なので、焼却すると環境汚染につながる。

以前学校で、染色はかなりの環境汚染になるらしいと言っていた人がいた。
染色されていない生地なんて、かなり少ない。

しかし、代替品は少しあって、なかなか興味深い。
動物皮革を使う代わりに鮭の皮(食料品として使われたモノの残りなので、製品を作るためだけにわざわざ鮭を捕獲するのではないらしい)を使ってバッグや靴などを作っている会社もあるらしいです。

イギリスのethical wear。 http://www.ethicalwares.com/

シルク製品でもベジタリアンシルクってのがあるんです。
繭から蛾が出てしまったあとで、糸を採るんだって。

オーガニック、ベジタリアンなどの市場はニッチなのだろうと思うが、マーケットシェアはそんなに高くないだろうし、これからもめちゃくちゃ伸びるってことはないだろうな(残念だけど)。

何をしても結局は環境破壊につながる。
悲しいな...
| thoughts | comments(10) | trackbacks(0) | | top |
ゆく年、くる年
この時期になると、毎年言ってますが。
「1年終わるの早過ぎるーーーーーー!!」

初夏には学校へ行くことを決めて、2ヶ月ほど仕事をしながら学校へ通い、秋からフルタイムの学生に。
これがなんと言っても最大の変化。
だいたい学生なんて、何年ぶり?という感じ。

1学期終わってみて、『意外としんどいな...』というのが感想ですが、でも将来のステップアップのためなので(切実)、がんばります。

30歳を目前にして(来年早々30歳になる)焦ってるのか、『このままじゃいけない』と思ったのか、学校へ通うことにしたんだけど、私の周りの友人も30歳を前に新しいこと始めた人、多いです。

『人は人、私は私』と思っているつもりなんだけど、なーんかやっぱり周りに引っ張られ気味というか、『ちゃんとした自分』というのがいまだに掴みきれてないお子ちゃまな私(苦笑)。
いい加減、大人にならないと...

それでもまだ迷いみたいなのはあって、『ほんとにこんなことしてていいんだろうか』って不安はあるんです。

来年は1年まるまる学生だし、学ぶこともたくさんあると思います。
目標は、自分に自信をつけること。
私はいつまで経っても、自分に自信がなくて、そういうところがアメリカで生活していくにはマイナスだなぁとわかってはいるけれど、難しい。

もうひとつは時間の使い方。
もうちょっと利口に時間を使えるようになりたいです。

それから英語。
住んでるだけじゃ、全然進歩しないです。
当たり前だけど。

来年はどんな年になるんだろう。
久しぶりに帰省もしたいしな。

というわけで、今年知り合えた人も、以前から仲良くしてくださってる人も、みなさんよいお年を!
そして、来年もどうぞよろしくお願いします。
| thoughts | comments(9) | trackbacks(0) | | top |
私、向いてるのかな
洋服を作るのが好きで、もっと型紙のこととかいろいろ勉強してみたい!と思って、学校に入ったけど、最近『私、ほんとにこの業界むいてるのかな...』って思う。

もちろん実技も勉強するんだけど、その他にもビジネスというか、アパレル産業の中身みたいなのも勉強する。

授業に出たり、教科書読んだり、そういうのしてると、いかにこの業界が常に流行を追いまくり、消費者に消費させるようにできてるかというか、ファッション業界はマテリアリズムだなぁと思う。

そういうのが、私のやりたいコトかって聞かれるとちょっと違うような気がするんだよな。

でも、ビジネスだし、当然儲からなければ意味がないってのは理解できる。

ネコも杓子も、最新なモノを追い回し、流行に躍らされ、消費社会を形成していくってのはどうなんだろう。

まだまだ使えるモノはたくさんあるのに、常に新しいモノに目を向ける。
浪費。

うーん...

でも、私みたいな人間ばっかりだったら、産業成り立たないし、経済も潤わないな、きっと。

友人は、自分の仕事のコトを「これが一番やりたかったことではないけど、仕事としてならやっていけるし、やっぱり生活していかなくちゃならないしね」というようなコトを言っていたけど。

学校に入って数週間。
「作る」ことは好きだけど、楽しいけど、仕事としてやっていけるのかな、私が入る余地はあるのかな...とふと不安になりました。
| thoughts | comments(4) | trackbacks(0) | | top |
よく晴れた日に
ブルーエンジェルスのエアショーで、空がすごい。

よく晴れた平和な日に、軍機が空を飛ぶのを見て、ふと思う。

イラクの空上では毎日こんな音がしているんだろな。
それもこんな平和な空ではなく、惨状で。

軍機のショーを見て「cool!」だと言っている人たちを横目に、この飛行機が戦争のために作られ、使われているんだな...と思い、たくさんの人が犠牲になってることを考える。

「cool!」か...

平和な空を眺めながら、いろいろと考えをめぐらす。
| thoughts | comments(0) | trackbacks(0) | | top |
外国暮らし 続
外国暮らしっていうタイトルで前にも記事を書いたんだけど、昨日ふと思ったことがあったのでもう一つ。

友達と話してて、小さい頃の話になると、寂しくなる。
育った場所が違うんだから、小さい頃見てたテレビ番組とか、遊んだゲームとか、そういうのが違うのは当たり前だけど、みんなでそういう話で盛り上がり始めると、急に寂しくなる。

1対1で話してる場合は、「私はこんな遊びしたんだよー」とかって会話できるけど、大勢で話してるとどうしても私には入る余地がなくなってしまうし。

聞いてても楽しいんだけど、でも、ときどき『私も同じような思い出分かち合いたいー!』とか思うときがあるんです。

だるまさんがころんだ(私の生まれ育った土地では「坊さんが屁をこいた」なんですけど...)とか、色おにとか、ぬすたん(盗人探偵)とかやって遊んだこととかね。
ガリガリ君(当時30円のグレープフルーツとラムネ味のアイスキャンディ)とか、キャンレディ(ハート型の飴)とか食べてたこととか、ヤットデタマンとかミンキーモモとか魔女っ子メグちゃんとか見てたこととか、そういう話がしたいんです。

って、ムリに決まってるけど。
はは。
| thoughts | comments(6) | trackbacks(0) | | top |
テレビ
テレビがあんまり好きじゃなくて、あんまり見たいと思うことがないので、家にはテレビがない。

「テレビ、ない」と言うと、変な顔をされることが多いけど、テレビがない家ってやっぱり少数派なんだろうな。

最近は映画はDVDで見られるし。
ニュースなんかはラジオで聞くし。
本読んだり、ネットもあるし。
テレビ、必要?

んー、私はテレビはいらないな、やっぱり。
見ないし。
| thoughts | comments(9) | trackbacks(0) | | top |
外国暮らし
B-style「恋しいの意味を考える」という記事を読んで。

この記事内に出てくるタイ人のように、大きな声でワンワン泣けたら楽になるだろうな。
ときどきなにもかもイヤになって、もう帰りたい!って思うことがある。

日本の、家族や友達、食べ物や習慣、いろんなものが一気に恋しくなるときがある。
弱ってるときは特に。

帰ったって、問題は解決しないのはわかってる。
一時的な現実逃避。
でも、心許せる人の前で、すべての感情をあらわにして全部全部吐き出してしまえれば少し楽になるような気がする。
いつも気を張って、がんばって生きてくのはしんどいです。

家族が、友達が、恋しいです。
| thoughts | comments(11) | trackbacks(1) | | top |
私って変?
私には変なところに几帳面というか、ちょっと神経質なところがあります。
いろいろあるんだけど、とりあえず洗濯モノを片付けていて、ふと思ったので。

タオルは同じ方向にたたんで、同じ方向に向けて並べないと気がすみません。
タオルの端っこは奥の方に向けて、折ってある輪になってる方を見える方向に並べる。
これは普通だと思うんですけど、「変」って言われたことがあるので。

それから、洗濯物を干すとき、タコの足(ってわかりますよねー?ひっかけるヤツです)が均等にバランスが取れてないとイヤ。
これも普通だと思うんですけど。




私のクローゼットの中には、長方形に切り抜かれた厚紙が一枚あるんです。
なんのためにあるのかと言うと。

洋服をたたむとき、長方形の厚紙を背中部分に置いて、その大きさになるようにたたんでから、最後に厚紙を抜き取るんです。
そしたら、どの洋服も同じ大きさになって、重ねるときに重ねやすいー!
しかも見た目もすっきりー!
いぇいーー!!

私っておかしいかな?
| thoughts | comments(7) | trackbacks(1) | | top |
Currently Reading...

関連URLは飛行機をclick!